人気の青汁ランキング

まずは何に対する青汁の人気になるのかが重要になります。
こちらのケール 大麦若葉 明日葉 よもぎ 桑の葉の青汁比較のサイトも、大変参考になります。

しかしまず最初に挙げるべき青汁は、はじまりの青汁でもある「遠藤青汁」でしょう。
青汁の創始者といわれる遠藤医学博士から直接指導を受けて開発された青汁で、
農薬や化学肥料を使わずに栽培した国産ケール100%を使った無添加、無着色の青汁です。
本当に青汁というものを味わいたい人に根強い人気がありますが、
ただ飲みやすさに関しては好みに分かれる青汁です。

飲みやすい青汁は多々ありますが、「2008年モンドセレクション受賞」の青汁といえば「神仙桑抹茶ゴールド」です。
自社農園で栽培された桑の葉、緑茶、シモンを使ったかなり成分としても高い青汁でありながら、
しかもお茶のように飲めるその飲みやすさにはお茶屋としてのこだわりを感じられます。
間違いなく青汁であり、お茶ではありません。
成分も申し分ありません。

そして王様たるケールを越えると言われている明日葉を使用しているのが、「ふるさと青汁」です。
ケールよりも栄養価が高いと言われている明日葉を主成分とした青汁で、
抹茶も配合されているので非常に飲みやすくなっています。

味や成分などの好みの問題はあるでしょうが、
明日葉には、ポリフェノールの一種で、現在注目されているカルコンが含まれています。
このカルコンには血液の循環を促進させる効果があるといわれており、
セルライト改善の効果と老廃物の排出に対して期待されています。

本当にわずかしか紹介できませんでしたが、この3つの青汁だけでも主原料が違うのです。
他にも様々なものが成分として加わったり、
目的意識や摂取のしやすさなどを考えたら本当にたくさんの青汁があります。
溶かすタイプ、缶のタイプ、錠剤タイプ、ジェルタイプなど飲み方だけでも大いに違うのですから、
そこから選んでもまた違う結果がでるでしょう。

青汁は毎日飲んでこそ効果が出るものです。
効果の一つにある抜け毛予防に関することが載っているサイトがあります。
女性の抜け毛の原因や抜け毛予防になる食べ物、育毛剤や育毛シャンプーのランキングについてかいてあるサイトです。
良かったらご覧ください。
効能と飲みやすさを比べて自分が毎日飲むための青汁を見つけましょう。
野菜不足のための青汁の効能や無料でサンプルを購入できるサイトhttp://青汁無料.net/ 、(http://xn--qev01m8oeln2c.net/)も参考になります。

ページのトップへ戻る