青汁の栄養成分

青汁は、毎日飲むことによって実に様々なよい効果を体にもたらしてくれるのですが、
そういった良いことは青汁に含まれている栄養成分にあります。

青汁の栄養素といったらhttp://www.eldiscursodelrey.com/2.htmlにもかいてあいますが、食物繊維やビタミン、ミネラルがまず挙げられます。
食物繊維は栄養というよりも、腸にたまっている老廃物などを排出する役目をもっているといってもよいでしょう。

そうして空いた腸からビタミンやミネラルが吸収されます。
ビタミンといえばレモンに多いビタミンCですが、野菜にも含まれているので美肌作りには欠かせません。
他にもベータカロチンから精製されるビタミンAは肌荒れや眼の疲労の予防、抗がん、老化防止に効果があります。

そして不思議なことに青汁にはカルシウムも含まれています。
魚だけではなく野菜にも含まれているという証です。
カルシウムは骨格を生成するために重要でもあり、骨を強くするだけでなく、
年をとってからの骨粗鬆症になりにくくする予防の効果などもあります。
しかも血圧やコレステロールを下げるといった効果もあり、イライラを防いでくれるのです。

そしてあまりなじみがないマグネシウムですが、こちらは心臓病や高血圧を防いだり、
血中コレステロールを減らす作用がある栄養成分でもあり、まさに隠れたところでとても助けてくれる栄養成分です。

こちらもあまりなじみのないカリウムは、体を疲れにくくしてくれるだけでなく、
不整脈を防ぐ働きや生活習慣病を防いでくれるのです。
また利尿効果もあるので、老廃物を排出しやすくしてくれます。
青汁にむくみ解消効果があると言われるのはこのおかげですね。

ここで挙げているのは本当に基本の成分で、他にも野菜によって変わりますし、ますます増えます。
こちらのサイトの効果効能と副作用のページも参考になりますので、」ご覧ください。

例えば葉酸はケール以外の主立った青汁に含まれていますし、明日葉の青汁にはカルコンが入っています。
この明日葉についてはhttp://table34.net/asuha.htmlに詳しいサイトがありますのでこちらをご覧ください。

その他にも使う野菜によってはまだまだたくさんの栄養成分を豊富に含んでいますので、
自分が求める効能が入っている青汁を選び、毎日飲める青汁なのかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか。
ページのトップへ戻る