飲みやすい青汁

個人的な味覚や嗜好の違いから、飲みやすさにもいろいろあります。

味覚の違味、摂り方、青汁へのこだわりなどがありますが、
やはりまともに青臭さが残った青汁は一般的には飲みづらいのではないでしょうか。
今回は青汁の味にこだわらず飲みやすさ重視でご紹介します。

まずは飲みやすさといったら、
「神仙桑抹茶ゴールド」が飲みやすさでは必ずと言っていいほどに様々なところで選ばれています。
なんといっても「2008年モンドセレクション受賞」のお茶屋さんの青汁としてお茶のように飲めるととても好評です。
桑の葉、緑茶、シモンを原材料としており、普通の青汁を飲んでいる人が飲むと青汁と信じなくてお茶だと思われるほどです。

飲むのとは少し違い食べる感覚の青汁として人気が高いのが、スティック状で持ち運ぶのに楽な「美汗青汁」です。
見た目は青汁の緑なのですが、味はなんとマンゴー味になっていて青汁の味すらしません。
原材料はクマザサと少し有名な青汁の原料ではありませんが、成分は申し分ありませんので、ご安心ください。

ケールを原料とした青汁で人気なのは「レモンの青汁」です。
http://www.catalunya-lliure.com/indexeng.html

ケールが75%、レモンが25%とケールの成分の苦味をレモンのさっぱりとした味に変えてくれます。
それになんといってもビタミンCの量が大量になるために、野菜不足の解消だけではなく、美肌効果にも嬉しい青汁です。

他にも「はちみつ青汁」の甘さを加えた青汁や「ふるさと青汁」といったさっぱりしたタイプの青汁、
缶に収まっていて冷やして開けたら飲めるという溶かす手間が要らない青汁などが違う意味で飲みやすさでの人気もあります。
はちみつ青汁とふるさと青汁の詳細はhttp://www.greatlakescichlidsociety.net/honey.htmlに載っていますのでご覧ください。
そういった意味では錠剤タイプなども飲みこむだけでいいので、飲みやすいと人気があります。
こちらの人気商品比較のページも合わせてご覧ください。

これらは本当の意味での青汁を求めている人には合わないのかもしれませんし、そもそも人の好みによって味の感じ方も違います。
今回の例を参考にして、自分が求める味や飲みやすさを探してみてください。
青汁がダイエットに効果的なのは有名なので知っている方も多いと思いますが、このダイエット法には注意点がいくつかあります。
詳しくは青汁ダイエットの注意点にかいてありますのでご覧ください。

ページのトップへ戻る