吸収率の高い長名草青汁

沖縄では昔から「1株食べると、1日長生きする」と言い伝えられてきたのが長命草です。
長命草というのは和名をボタンボウフウといい、チョーミーグサという別名もあります。

そんな長命草を主原料にした青汁は2種類のポリフェノールが特徴ともいえます。
ルチンはポリフェノールの一種で、活性酸素を消去する抗酸化作用が強いことが知られており、
また血行にもいいと言われている成分です。
クロロゲン酸もポリフェノールの一種で、コーヒーの香り成分でもあり、抗酸化作用を持つことでも知られています。

長名草は、与那国島では子供の健康祈願のために、
神に捧げられた植物でもありますので、沖縄以外ではそのままのものを摂取する機会はあまりありません。

ですが「青汁」としてなら摂取もしやすいですし、体にもよいものです。
ベータカロチンやビタミンA、B2、B6、C、Eを含み、
食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウムなど、ミネラルも豊富で、
栄養バランスも良いと青汁に申し分ない成分を含んでいます。

また古くから万病に効果があると言われており、アンチエイジング効果もあり、
抗酸化作用が高く、活性酸素を除去してくれる上に、美肌にも効果があるのです。

総ポリフェノール含量が多いので、動脈硬化を防ぐほか、
ガンの予防、血中コレステロール、血圧、血糖値の上昇を抑制する効果があるといわれており、
また抗アレルギー、抗菌、抗ウィルスなどの効果も期待されています。

長名草が主原料となっている青汁は、
「与那国産100% 長命草青汁」「べっぴん青汁」「毎日いきいき長寿草」などと少し挙げただけでもかなりあります。
メーカーが違うせいかそれぞれの味は違いますが、総じて飲みやすく野菜不足の人に相応しい青汁と評判です。

青汁の特徴ともいえる食物繊維によって老廃物を追い出された腸からビタミンなどが吸収されていくうえに、
長名草青汁には2種のポリフェノールというのが大きな特徴ともいえるといっていいでしょう。
http://www.networkpenetration.com/002.htmlにかいてあるのですが、
青汁には美容や健康面の効果だけでなく育毛効果も期待できるそうです。
ページのトップへ戻る