栄養価が高い青汁

青汁を選ぶ時には色々と考えるでしょうが、
味や飲みやすさが実際に飲んでみないと分からない店やネットの先にあっては、
次に目がいくのが価格や成分ではないでしょうか。

青汁にとっての一番の要素である野菜不足が気になるというのは共通していることかも知れません。
どうせ飲むなら価格や飲みやすさ以外に、各商品の野菜などの栄養価の高さもよくみて選んではいかがでしょうか。

食物繊維の高さなら「キューサイの青汁」でしょう。
主原料には無農薬で、化学肥料不使用の国産ケールをまるごと100%使用しています。

キューサイの青汁には、「粉末タイプ」と「冷凍タイプ」があります。
特に「冷凍タイプ」は手間暇かけて育てたケールを搾りたてのまま急速冷凍しており、
自宅で解凍したらそのまま飲むことができるので、栄養価がまるごと入っているといってもいいでしょう。
ただその分、本当に青汁という味は「粉末タイプ」よりもいっそう強いそうです。

次に注目するのは、生活習慣の乱れが心配な現代において、
期待されている成分をもった「カルコン」を主原料の明日葉に使った「ふるさと青汁」です。
カルコンは、老廃物を排出する作用があり、むくみや便秘などにも効果があると言われています。

しかもケールが野菜の王様とされているのに対し、明日葉はその上をいく栄養素をいく野菜の大王様といってもいいでしょう。
ほとんどすべての栄養価がケールを上回っているという点での注目度は高いといえるでしょう。

粒状タイプで摂取がしやすく、栄養価も高いと言えるのが「ステラの青汁」です。
使われている原材料はクロレラ、ケール、長命草、ステアリン酸カルシウムのみですが、
液状にするとくせがありすぎるものが多いために、粒状に仕上げて栄養価がそのまま摂れるようになっています。

このように少しだけご紹介しましたが、まだまだ栄養価の高い青汁は数えきれないほどあります。
表示を良く見て青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

原料や商品によっては苦みが強いものもあります。
そういった商品を購入してしまったとき捨てるのはもったいない...
けどなかなか飲めない...
なんてことありませんか?

そんなときは青汁を使ったおいしいアレンジをしてみてください。
青汁入りのお菓子なんかもおいしいみたいなのでお試しください。
ページのトップへ戻る