青汁の効果・効能

青汁の効果や効能などで主なものはといえば、
野菜不足の解消し、便通をよくしての美肌効果は基本と言ってもいいのではないでしょうか。
こちらの効果効能比較のページも大変参考になります。

だいたい理想とされる野菜の350gを摂ろうとしたら、一体どれだけ食べなければいけないのか、
他にも肉や魚、穀物などからも別の栄養を摂っているのですから、バランスが整っても肥満は避けられません。

そういう意味でも青汁は野菜不足の解消だけではなく、野菜に含まれる食物繊維の効果によって、
腸に溜まった老廃物を排出してくれるばかりか、
ぽっこりお腹などの解消にも手助けをしてくれるので、ダイエット効果もあります。
しかも腸が空くとそこから野菜のビタミンなどが吸収されて、肌に効き目があるというわけです。

他にも意外なことに野菜にも含まれているカルシウムは、骨の育成を助けたり、
骨粗鬆症の予防をするだけでなく、血圧を下げる働きもしてくれます。
他にもマグネシウムは心臓病に対する予防や高血圧を防いだりしてくれるとても大切な成分といってもいいでしょう。
他にもイライラを防ぐ効果があるというですから欠かすことが出来ません。

またカリウムは不足すると不快感や不正脈を引き起こします。
そして野菜に含まれている葉緑素は、コレステロールの低下に加えて血をサラサラにしてくれます。
抗酸化物質も含まれており、体に有害な活性酸素を抑え、ガンやさまざまな病気を予防、老化を防ぐ働きをしてくれるのです。
これらはケールや大麦若葉といった必要最低限の野菜だけで作られた栄養素による効果です。
このケールという野菜について詳しくかいてあるサイトがありましたので紹介します。
こちらですhttp://www.pest-one.com/origin.html

例えば明日葉を使った青汁でしたら、カルコンという成分によって、
むくみなどを解消する効果を持ちますし、または青汁にレモンなどを加えてビタミンCを増加させるという青汁もあります。

青汁の定義は野菜をまるごと絞った飲み物で、その栄養がそのまま飲まれることだけであるので、
どんな野菜を使っても、どんな栄養素を足しても構いません。
その分、効果や効能の幅は広がると言ってもいいでしょう。
そしてhttp://www.readersopinions.com/07yasai.htmlにもかいてありますが、なにより続けることが大切です。
ページのトップへ戻る