花粉症対策のための青汁

もはや国民病とまで言われるほどに症状を自覚する人が増え、
さらにまだ年々患者の数が増えているのが花粉症です。
特に春にその傾向が強く現れる人が多いので、
せっかくの温かな春の喜びが、一番憂鬱な季節へと変わってしまいます。

そんな中、特にケールに、花粉によるアレルギー症状を緩和し、
諸症状を抑える作用があるということが分かったと発表されました。

「ファンケル」が、2007年4月、青汁の原材料であるケールから、
花粉症などのアレルギー性疾患に有効な成分「フラボノール配糖体」を特定したと公表したのです。

報道発表によるとファンケルではそれまでに、青汁の原料のケールに、
花粉症のつらい症状を和らげる働きがある有効成分「糖脂質」を特定しており、
ケールのどの成分がどのようなメカニズムで関与しているのかということを調べ、
ポリフェノールの一種である「フラボノール配糖体」がアレルギー症状のプロセスを抑える働きを持つことを突き止めました。

今では「糖脂質」「フラボノール配糖体」という二つの成分を複合的に含む、ケール青汁が花粉症の症状改善に有益になると期待されています。
そもそも花粉症は起こるのは、T細胞という免疫細胞の中のTh1細胞とTh2細胞のバランスが乱れることによってと考えられています。

清潔になったことにより、病原菌が減った現代社会ではTh1細胞が働かなくなり、
その代わりにTh2細胞が増殖や暴走をして、花粉に過剰反応をしているのです。

またその効果以外にも、体の抵抗力や免疫力を高める効果も高いケールの青汁は花粉症の症状を改善する効果が高いことが分かっています。
何故かと言えばケールの青汁は他の青汁と比べても、
体の抵抗力や免疫力を上げる効果が高く、花粉症などのアレルギーに負けない体質作りが出来るのです。

花粉症の時期だけ青汁を飲んでもそれなりに効果を実感することはできますが、
やはり免疫力と抵抗力のある体質を作るためには、普段から青汁を飲んでおいた方がいいでしょう。
http://juiceboxjungle.com/sss3.htmlにも青汁の花粉症への効果についてかいてありますのでご覧ください。

こちらのページでは、便秘予防や妊婦や子供が飲んでも副作用の心配がないか等の注意点について粉末とサプリメントの違いに基づき説明しています。大変参考になります。


ページのトップへ戻る