発酵生姜が主成分の青汁

青汁の原料となっている野菜の種類や飲む人の体質によっては、
青汁は体が冷える原因となることがあるのをご存知ですか。

そんな青汁の中には、熟成発酵した生姜が含まれており、
体を芯から温める作用のあるショウガオールという成分を含んでいる、
体を温めながら青汁の豊富な栄養素を摂ることが出来るものもあります。

生姜の効果は体を温めて、代謝を促進してくれるので冷え症の体にはまさにうってつけといってもいいでしょう。
青汁で体が冷えるという問題も生姜入りの青汁ならば安心してのむことができます。

「えがおの青汁」は、熟成発酵した生姜に含まれおり、
体を芯から温める作用のあるショウガオールという成分を含んでいますので、
体を温めながら青汁の豊富な栄養素を摂ることが出来るというわけです。

発酵生姜には辛みの成分であるショウガオールやジンゲロールと言った成分が、
生の生姜に比べるととても豊富に含まれています。
これらの効能としては殺菌作用や抗炎症作用、抗がん作用などが期待されており、
なによりも辛み成分が体を芯から温めてくれるのです。
身体を芯から温める事で代謝も良くなり、ダイエットにも期待できるというわけです。

一緒に摂ることによって、野菜不足を解消したり、便通をよくしたり、
美肌効果があったりと様々な効能を一緒に得ることができる青汁を飲んで、
体が冷えないようにしてくれるのが、発酵生姜というわけです。

そんなことは知らなかったし、もう別の青汁を飲んでいるという冷え症の人は、
すりおろした生姜をスプーン一杯入れてみてはいかがでしょう。
本来なら紅茶などによく使われている方法ですし、
発酵生姜との違いはありますが体に熱を加えてくれるでしょう。

味の方は飲んでみてとても飲めないと判断しましたら、無理はしないでください。
体を温めるために生姜を使った飲料や温まるを別に飲めばいいだけです。
青汁は毎日続けることが肝心なので、料理や飲み物に混ぜるなどして毎日摂取するようにしましょう。

ただ一緒だと便利で効き目があるということを覚えておいてください。
ページのトップへ戻る